プロフィール

スタッフ

創業50年弱、私で三代目になります。日本の伝統文化を継承しつつ、新しいことに挑戦を続け時代を切り開く、秋葉原育ちの日本料理屋です。最近ゴルフを始めました。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 連発ブログ | メイン | 不景気 »

2010年4月24日 (土)

引力

お店を継いでからもうすぐ四年の月日が経ちます。

気づけば30歳目前のなり

ふと思い返し、また今夜はお酒が気持ちよくまわり

こんな話。

思い返すと、会社員として必死に働き、

仕事とは何だと考えていた20代前半から

26歳のときに父急病につき

日本料理車力の社長代行として

突然の転身をした。というよりも転職。

あのときお店は絶望的だった。

はたから見れば日本料理屋の3代目と華やかに扱われるが

あのときはとても大変な時期だった。

なぜお客様がこないのかと自問自答をしながら

必死にお店のまわりを観察し続ける日々。

そして年月を重ねた店舗は悲鳴を上げていた。

本当にお店を良くしたくて、

とにかくお客様に信用をして頂くことだけを考えて

日々の活動を続けていたと思う。

当時の私はイノベーション、イノベーションと騒いでいたと思う。

しかしイノベーションちっくなリノベーションだったのだろうか。

技術革新を目指した結果、資本主義という概念が崩壊しつつある今

古き良き日本の経済にもどりつつあり、結果リノベーション的に

お付き合いという心の取引になってきたのかもしれない。

良く分からない文章ですね。

近頃おいしかったと言ってもらえることが多くなりました。

しかし毎日お店の人間がみんなでメニューについて話し合っています。

それは建前としての会議ではなく、全員が心から良くしたいと願い

参加して真剣に考えています。

企業のレベルで言ったらままごとのような話し合いですが

われわれは真剣に考えています。またサービスについても真剣に考えて

います。ささいなことを日々話し合っています。

4年前はもっとお客様の笑顔が少なかった気がします。

千里の道も一歩から。

志を持つことが全ての始まりで、志のために努力を怠らないことが

大切です。

そんな気持ちが引力となり、今日もたくさんのお客様がお店に来てくれまし

た。ありがとうございます。

素直な気持ちでお店をしていると不思議な事がありました。

常連のお客様が本日も来てくださり、

そしてなぜか一緒に来て下さったのが私の会社員時代の上司でした。

神に感謝しなくてはいけないですね。

一生懸命生きているとこんな幸せな偶然がおきるものです。

お店にはオーラがあるといいます。

きっとこんな思いが引力となり人と人を巡り合わせてくれるのでしょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/569365/28688445

引力を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

神田佐久間 板前料理 車力 のサービス一覧

神田佐久間 板前料理 車力
  • TEL050-3462-2132