プロフィール

スタッフ

創業50年弱、私で三代目になります。日本の伝統文化を継承しつつ、新しいことに挑戦を続け時代を切り開く、秋葉原育ちの日本料理屋です。最近ゴルフを始めました。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年3月 | メイン | 2010年7月 »

2010年4月

2010年4月24日 (土)

引力

お店を継いでからもうすぐ四年の月日が経ちます。

気づけば30歳目前のなり

ふと思い返し、また今夜はお酒が気持ちよくまわり

こんな話。

思い返すと、会社員として必死に働き、

仕事とは何だと考えていた20代前半から

26歳のときに父急病につき

日本料理車力の社長代行として

突然の転身をした。というよりも転職。

あのときお店は絶望的だった。

はたから見れば日本料理屋の3代目と華やかに扱われるが

あのときはとても大変な時期だった。

なぜお客様がこないのかと自問自答をしながら

必死にお店のまわりを観察し続ける日々。

そして年月を重ねた店舗は悲鳴を上げていた。

本当にお店を良くしたくて、

とにかくお客様に信用をして頂くことだけを考えて

日々の活動を続けていたと思う。

当時の私はイノベーション、イノベーションと騒いでいたと思う。

しかしイノベーションちっくなリノベーションだったのだろうか。

技術革新を目指した結果、資本主義という概念が崩壊しつつある今

古き良き日本の経済にもどりつつあり、結果リノベーション的に

お付き合いという心の取引になってきたのかもしれない。

良く分からない文章ですね。

近頃おいしかったと言ってもらえることが多くなりました。

しかし毎日お店の人間がみんなでメニューについて話し合っています。

それは建前としての会議ではなく、全員が心から良くしたいと願い

参加して真剣に考えています。

企業のレベルで言ったらままごとのような話し合いですが

われわれは真剣に考えています。またサービスについても真剣に考えて

います。ささいなことを日々話し合っています。

4年前はもっとお客様の笑顔が少なかった気がします。

千里の道も一歩から。

志を持つことが全ての始まりで、志のために努力を怠らないことが

大切です。

そんな気持ちが引力となり、今日もたくさんのお客様がお店に来てくれまし

た。ありがとうございます。

素直な気持ちでお店をしていると不思議な事がありました。

常連のお客様が本日も来てくださり、

そしてなぜか一緒に来て下さったのが私の会社員時代の上司でした。

神に感謝しなくてはいけないですね。

一生懸命生きているとこんな幸せな偶然がおきるものです。

お店にはオーラがあるといいます。

きっとこんな思いが引力となり人と人を巡り合わせてくれるのでしょう。

2010年4月 1日 (木)

連発ブログ

次回ブログにてと締めくくりましたが

感動を抑えきれぬまますぐに

昨日のセミナーを日記にします。

講師の方は某有名CLOWNの方

とても個性的なのが第一印象でした。

彼の経歴からなぜその仕事を選んだのか。

そしてその仕事を選択し、そして継続し、発展させるまでの

とてつもないパッション。

そんな話を聞き衝撃をうけつつ

それをいかに企業に落とし込むかの実践。

マニュアル時代の時代の終焉を感じつつ

次の時代の在り方を感じさせられる。

アイスブレイクという考え方。

つまり「人と人ととが」

という古き良き日本の文化に戻ることが

とても大切なことなのだろう。

お客様にも愛をもってふれあい。

従業員にも愛をもってふれあい。

業者様にも愛をもってふれあい。

自分という個は捨て去り。

世のために尽くす。

その過程の中で自分が気づいたら成長している。

そんな感覚が大切だと思いました。

宗教じみた文章になってしまいましたが

それがこの世の原理原則。

学ぶ

昨年より参加させて頂いている

経営セミナーの今年一回目が

昨日行われました。

いちおう

去年で卒業したつもりだったのですが

留年的な感じで

今年もやらせて頂きます。

しかし新しいメンバーとの初回の顔合わせは

やはり緊張しました。

自己紹介のプレゼンテーションは

1分30秒から2分の間での着地が義務の中

自店の紹介をして時間稼ぎ。

そしてセミナー終盤での

本日の内容を要約してのプレゼンテーション。

日常の反復の中から究極を見出すこの業界において

突発的状況での感性の発動→要約→応用という

この考え方の訓練はやはりとてもシビレますね。

商売とはのれんの元に個々の徳を磨き、徳を売ることだとしたら

考え方は多種多様ですがやはり

様々な切り口で人間性をみがき自分を高める

これが大切なことではないでしょうか。

ブログに載せる写真を撮るために買ったデジカメもめんどくさく

なり始めた今日この頃

お店以外での活動報告とさせて頂きます。

セミナーの詳細は次回ブログにて。

神田佐久間 板前料理 車力 のサービス一覧

神田佐久間 板前料理 車力
  • TEL050-3462-2132