プロフィール

スタッフ

創業50年弱、私で三代目になります。日本の伝統文化を継承しつつ、新しいことに挑戦を続け時代を切り開く、秋葉原育ちの日本料理屋です。最近ゴルフを始めました。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

トイレ掃除に行きました

先日朝早くから、ある中学校にトイレ掃除に行って参りました。

ある経営セミナーの一環でメンタル的な事を見つめなおすという意図がある

のですが、休日の朝早くから大勢の人たちが参加していました。

なぜトイレを磨くのかというと、

①謙虚な人になれる

②気づく人になれる

③感動の心を育む

④感謝の心が芽生える

⑤心を磨く

ということです。

最初は面倒だとか、汚くて嫌だなとか思っていましたが、3時間かけて

ひとつのトイレを磨き続けていると、次第にトイレ掃除に夢中になり

一生懸命やってやろうという心が芽生えていました。

昔からの言い伝えでトイレはとにかく奇麗にしなさいと言われていますが

何だかその悟りの境地を少し垣間見ることができた気がします。

心が美しくなった私は今日もお店、頑張ります。

2009年6月24日 (水)

夏の食材といえばうなぎもさることながら、鮎も良く売れています。

6月1日に漁が解禁されます。

鮎は香魚という別名を持ち、その名の通り香りの良い魚です。

当店では値段を見てもわかる通り畜養の鮎を使用しております。

ちなみに憧れの天然鮎は築地卸値で畜養の3倍から5倍します。

売価にすると2000円から3500円/1匹となってしまいます。

販売を考えるとかなり難しい・・・。

鮎はうろこを削り、すばやく串を打ち、塩を振り、遠火でゆっくりと

火を入れていきます。時間をかけて焼き上げる分、身が固くならず

ふんわりとした食感を楽しめます。

焼きあがった鮎をたで酢につけて。

私も鮎は大好物のひとつなのです。

2009年6月23日 (火)

お客様

今日ある高校の同期会があります。

23期卒業というこことで毎月23日に当店でお集まり頂いております。

父の代からずっとやって頂き、私がお店を継いでから3年たっても

変わらずご利用頂いております。

先日もある会社のOB会をやって頂きました。こちらも3ヶ月に1回

やって頂いております。さらにこちらは祖父母の時代からのお客様で

3代に渡ってご利用頂いております。

父が病気をして急遽右も左もわからないまま店を継いだとき

このようなお客様に沢山励ましていただき、何とかここまでやってこれまし

た。新しいことをすれば喜んで頂き、やりすぎると怒られたり。

秋葉原の町は大きく変化しましたが、人の心は決して変わらないものと

思います。秋葉原で仕事しかり青春を過ごされた方たちは年月を経ても

また秋葉原で集まりたいと思うのでしょう。

私が受けた沢山の感謝、そしてお客様の思い出の場所を守るために

日々精進して暖簾を守っていきたいなと思いました。

2009年6月18日 (木)

うなぎの季節

うなぎの食べたくなる季節になってきました。

蒲焼は何と言ってもたれが命です。

うなぎのたれは醤油、みりん、酒、ザラメ糖、うなぎの骨を材料に、

伝統的割下で造られます。

しかし、うなぎにたれをつける際にうなぎの脂がたれの中に蓄積されていき

ます。何十年という年月をかけて何万匹ものうなぎの脂がたれの中に蓄積

されていきます。この長い年月の積み重ねが旨みとなるのです。

ある板前さんが言っていたのですがどうしても年月をかけないといい味に

ならないと。化学調味料では超えられない味覚なのだそうです。

昨年はうなぎ事件などあり国産うなぎの価格が高騰していましたが、今年は

不景気の影響もあり、価格は落ち着きそうな見込みと築地市場の業者さんが

言っていました。安心してうなぎを食し、夏を乗り切りましょう。

2009年6月16日 (火)

始まり

今日からブログを始めます。

神田佐久間 板前料理 車力 のサービス一覧

神田佐久間 板前料理 車力
  • TEL050-3462-2132